障害のある人のアート作品の独創性を活かした、商品化に向けたモデル事業

この事業は、障害のある人とプロのデザイナーがチームになって、企業の商品などのデザインを制作していくものです。デザイナーは障害のある人の創造力や個性を生かしながらアイデアを形にして企業へプレゼンテーションします。企業に商品などのデザインとして採用されれば、企業と締結する契約に基づき、企業からロイヤリティーが支払われます。
障害のある人の個性と能力の発揮、社会参加促進の一助となればと願っています。

事業実施における基本方針

基本方針1

障害のある人のアート作品が適切な評価を受けることとなるよう、商業デザインへの展開を通じて、ビジネスとしての可能性と、障害のある人が収入を得る手段としてのアート制作の場を提供する。

基本方針2

著作物などの利用許諾について契約を結ぶことで、当事者や家族・施設などの支援者、企業とで共通認識を持つことができるように働きかける。

基本方針3

この事業をとおして、障害のある人・デザイナー・企業が、お互いを知り合い、協働して制作をすることで、これまでにない価値の醸成を目指す。

基本方針4

関係者との連携を密にし、事業について広く周知するなど広報活動に努めることで、SDGsの目標達成に貢献する。

SDGsへの取り組み

SDGsとは、Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標の略称です。
2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。
政府・自治体・企業・市民社会・子どもを含めた全ての人が、それぞれの立場から目標達成のために行動することが求められています。

今回のプロジェクトは、このSDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、次の6つの目標を掲げ取り組みます。

1 貧困をなくそう

8 働きがいも 経済成長も

10 人や国の不平等をなくそう

11 住み続けられるまちづくりを

16 平和と公平をすべての人に

17 パートナーシップで目標を達成しよう

事務局(アトリエKT)からのメッセージ

アトリエKTは、経営者の課題解決のためのデザイン会社として、これまで200社以上の中小零細の事業者様のサポートをさせていただきました。そのような中で、障害福祉に関わる事業者様の商品開発やデザイン・販路開拓などにも深く関わりをもたせていただく機会を重ねてまいりました。特別支援学校や就労継続支援A型事業所、B型事業所の支援者の方に、生産活動の現場で困っていることを伺い、解決のための計画を立てたりしていくうちに、外部の専門家が福祉事業所の現場に入る必要性を強く感じました。

中小零細企業が抱える課題と、福祉業界の課題には共通点がいくつかあります。この二つの業界がもっとお互いを知って、それぞれの課題を持ち寄り、協働で解決する場面をもっと持つべきだと思うのです。

今回のプロジェクトは、「絵を描くことが好きな障害のある人」が主役ではありますが、プロのデザイナーや企業が協働していく過程で、3者にとってさまざまな気づきが得られると考えています。ものづくりの企業が自社の製品の独自性をより高めるこの機会に、障害者アートの出会いというファクターが重なり、新たな価値の創出と、次なるステップへの序章となることを願ってやみません。

最後に、今回のプロジェクトへのご協力を快く引き受けてくださいました、ダイヤ工業株式会社様、髙田織物株式会社様、株式会社TANIGAWA様、株式会社マスカット薬局様、岡山県内の7名のデザイナー様をはじめ関係する皆様に、心より御礼を申し上げます。

アトリエKT 代表 髙橋 京恵