【共同制作(12)髙田織物株式会社担当 越智小百合(おちさゆり)さん ×建部浩子(たてべひろこ)さん】

 11月10日(火)、玉野市にある障害者支援施設のぞみ園で共同制作の打ち合わせをしました。

 生活支援員の加賀江由香(かがえゆか)さんが、クリエーターの越智さんがその場で制作ができるように準備してくださっていました。そして、越智さんのこれまでの作品も見せていただき、作風や色使い、どんなモチーフを好んで描かれるかなどを伺いました。デザイナーの建部さんが、クリエーターに畳縁の実物を見せながら、生活支援員の加賀江さんを交じえ、イラスト作成のアイデアについて話し合いました。参考資料がある方が絵を描きやすいのではないかということになり、加賀江さんが探してきてくださいました。すると、クリエーターが早速描き始めてくださり、デザイナーがすぐそばでその様子を見ながら、声をかけるなどして共同制作がスタートしました。

集中して丁寧に色を塗り重ねていく様子に、これまでの作品よりも気持ちを込めて描いてくださっているのが感じ取れました。デザイナーの建部さんが構想しているアイデアを伝え、その場で次々と作品が出来上がっていきました。

素朴な中にも色彩の鮮やかさや独自の世界観がある線や形に、デザイナーの建部さんの中で、デザインの具体的なイメージが出来上がったようです。

このチームからも、どんな畳縁の図柄が出来上がるのか、期待が膨らみました。