【プレゼン(1)株式会社マスカット薬局】

 11月30日(月)午後、株式会社マスカット薬局様で、デザイン案のプレゼンが行われました。

 始めに、事務局から挨拶をし、8月にクリエーターの募集を開始してからこれまで、会社見学、共同作業などで、3ヶ月に渡ってご協力いただいた関係者の方々へのお礼を述べました。そしていよいよ、プレゼンのスタートです。

 マスカット薬局様へのプレゼンのテーマは、「CSRレポート2019」の表紙と裏表紙のイラスト・デザインです。同社のCSRレポートは、SDGsの達成に通じる同社の取り組みを、毎年1冊の冊子にまとめられているものです。3チームのデザイン案がデザイナーによりマスカット薬局の髙橋社長と社員の方々にプレゼンされました。

 まず、クリエーター三棹和洋(みさおかずひろ)さんとデザイナー太田まゆみ(おおたまゆみ)さんのチーム。デザイナーが、今回のデザインのポイントとして、クリエーターのアート作品の特徴や、マスカット薬局様のSDGsへの取り組みへの姿勢や理念を掛け合わせたコンセプトについて説明されました。髙橋社長をはじめ、社員の方々も満足そうな表情で、そのデザイン案を眺めておられました。

 次に、クリエーター室篤志(むろあつし)さんとデザイナー山﨑真栄(やまざきまさえ)さんのチーム。デザイナーは、クリエーターの作風を生かしつつ、マスカット薬局様の理念や地域の人々との関係性をテーマにした作品をクリエーターに制作依頼され、表紙デザインに展開した経緯をお話しされました。クリエーターの作品に髙橋社長が感激され、クリエーターが即興で作品を描き上げる場面もありました。

 次に、クリエーター森石愛(もりいしあい)さんとデザイナー山﨑真栄(やまざきまさえ)さんのチーム。デザイナーが、クリエーターが制作したオリジナルキャラクターの愛らしい表情を生かしながら、マスカット薬局様の業務内容や社員の方々の働く姿をモチーフとして、地域で愛される存在になるように、デザイン案をプレゼンされました。薬剤師に扮したキャラクターが地域の健康に貢献するイメージに、髙橋社長が頷いておられました。

 最後に、マスカット薬局の髙橋社長と、岡山県備前県民局地域づくり推進課の江端課長から総評していただきました。

 来年早々には出来上がる「CSRレポート2019」にどのデザインが採用されるのか、とても楽しみになりました。

 ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。